インプラント矯正

インプラント矯正とは、顎の骨に、小さなネジや金属のプレートを手術で固定し、矯正装置で歯を動かすことを助ける方法です。
矯正用インプラントを支点にして、装置で歯を引っ張ると、歯の動きに安定感が出ます。このため、歯がスムーズに動くので、通常2~3年かかる矯正期間が短縮できる場合があります。また、抜歯も最小限におさえることができます。
※インプラント矯正に使う小さなネジや金属プレートは、「アンカー(固定源)インプラント」や「矯正用ミニインプラント」などといい、歯を失った時に、顎の骨に埋め込む「デンタルインプラント」の人工歯根とはちがうものです。


インプラント矯正のメリット

・ ヘッドギアなどのわずらわしい装置をつけなくてよい(患者様負担からの解放)

・ 治療期間が短かくなることがある

・ 外科的な治療が必要な症例でも手術せずに治療する事ができる場合がある

・ 歯を抜かずに矯正するケースが増えた

従来の矯正法と比べて治療ゴールが明確になった


インプラント矯正のデメリット

・歯並びによっては、インプラント矯正をしても効果ないケースがあるので歯科医の見極め必要

・矯正用インプラントを埋入するための簡単な手術が必要となります。

・インプラントの周りを清潔にしていないと感染を起こす場合があるので、担当医の指導を守らなければならない