外科矯正

いなみ矯正歯科では口腔外科と連携しています
(→草津総合病院


外科矯正治療とは

外科的手術を併用する矯正治療をおこなうことで、噛み合わせのみならず、顔貌の改善も可能とする治療方法です。矯正治療単独だけでは十分な噛み合わせを確立することが困難な場合に行います。また、最新の研究では睡眠時無呼吸障害に対しての疾患の改善も報告されています。


臨床症状としては、
• 前歯でものが噛み切れない(開咬)
• 顎がシャクレテいる(反対咬合)
• 下顎が小さい出歯 (上顎前突)
• 睡眠時無呼吸障害 (いびき等)
これら上記疾患を改善するためには外科矯正治療が必要となることが多いです。


美容外科と外科矯正の違い

よく、美容外科と混同をされますが、外科矯正治療方法は顎機能診断の結果、咬合の改善に外科矯正手術が必要と診断をされた方が、受ける治療方法です。顎変形症患者や唇顎口蓋裂患者に対して、この治療方法を用いることで、機能および審美的障害に対する治療方法として行われます


外科矯正治療の流れ

外科矯正治療は通常、
●術前矯正(約1年)

●外科手術入院(5日~10日)

●術後矯正(約1年)

●保定(1~2年)
というのが一般的な治療の流れです。