マウスピース型(アライナー型)矯正装置による治療

  • 最近、日本でも、カスタムメイドの透明なマウスピース型矯正装置(以下アライナー)の使用が増加しております。 しかし、このようなアライナー型の矯正装置に関する臨床的研究は少なく、その安全性と有効性が科学的に高いレベルで明らかにされるには至っておりません。 したがって、この装置に対する社会の期待は大きいものの、全ての症例を本装置のみで治せるということは考えにくく、この治療方法に関する様々な広告内容も日本矯正歯科学会の倫理規定に沿ったものであるかは不明です。

    また、使用の適否の判断や不測の事態への対処、治療結果は、術者たる歯科医師の責任となります。 そのため、矯正診療に関する専門的教育(教育機関における基本研修)を修めた上で、高度な診断能力、治療技能、経験を有していることが不可欠です。

    患者さんにおかれましては、治療を受けられる際に、その治療法の利点・欠点、及び代替治療法について、十分に説明を受け、理解された上で、同意して下さい。

  • マウスピース型矯正装置による治療には、以下の利点・欠点を踏まえた適応症の判断や専門的知識を要することから、大学病院等や学会が認める基本研修機関において十分な矯正歯科領域全般にわたる基本的な教育と臨床的なトレーニングを受けた歯科医師(学会認定医や臨床指導医)による診察、検査、診断を基に治療を行うことが推奨されています。

  • マウスピース型矯正装置による治療の利点

    • 他人から見えにくい装置である。

    • 装置の着脱が簡単で食事や歯磨きがし易い。

    • 金属アレルギーを有する方も使用できる。

    • 診療室での治療時間が比較的短い。